顧問税理士とはどんなことをしてくれるの?

個人事業主には顧問税理士の存在が必至、そう言われていますが実際顧問税理士との契約は一体どんなものなのかがわからない、事業立ち上げをしたばかりの方にとってそう考える存在です。では顧問税理士とは一体どんな仕事をしているのか、契約のメリットは?それらについてご紹介いたします。

個人事業主の強い味方にる存在である税理士

税理士 顧問

税理士の方は税務に関することのプロフェッショナル、生活においてもパートナーでありたい、そんな存在です。
世の中たくさんの税金に関するあれこれがありますが、その全貌を普通の人が知っている筈もなく、また知ろうと思うとかなりの労力が必要になります。
そんな税に関すること、普通に暮らしていてもわからないことだらけなのに、事業を立ち上げた場合更にややこしいことが立ちはだかります。
お金に関する計算が必須になる会社、経理もいるように業務として重要な部分です。
事業は金銭の利益で大きくなっていくもの、そのため大きい会社になればなるほど重要性は増していく上に内容はややこしくなっていきます。
小さい事業で仕入れ先も顧客様も固定している場合お金の流れは簡単なので個人でもできるような計算で済むかもしれませんが、そうではない場合仕入れ先、顧客様が増えるたびに素人では手に負えない、そんな状況になりかねないのです。
そのため税務に関しても難解になっていき、そんな時に強力なサポートを受けられるのが顧問税理士という存在です。
顧問税理士とは年間、あるいは月単位で契約する税理士のことをいい、個人事業主に関する税についてのアレコレをしっかりサポートしてくれる、そんな存在です。
また経理に関しても強いので、給与の管理や融資のサポートなど、そうした面でも強い味方になってくれます。
経営においてこうした経理はややこしいもの、しかし避けられないものです。
しかし自社だけでするには限界、そんな時に強い味方となってくれるのが顧問税理士という存在です。
確定申告、年末調整……さまざまなややこしい業務内容があり経営者の方は混乱必至、しかし顧問税理士との契約をしておくとそれらも代行してくれるので経営者の方は本来の業務に専念できるようになります。
こうした作業はあくまでただの作業、けして利益を発生させられる作業ではないです。
そのためこうした作業の時間をとる間、全く経営に関する業務ができず利益をだすことができない、そんな時間ロスも防げますので顧問税理士との契約は事業が大きくなっていくにつれて大切なものとなっていきます。
納めなければならない税金を本人に代行して納めたり、書類を作成したり、また青色申告の為の帳簿作りをしたり、決算申告をしたり……またほかにもイレギュラーに入ってきた税務に関する相談にも回数や頻度は決まっていますが乗ってくれます。
税金に関する不安をプロの知識や経験をもとに解消してくれるので、経営者の方にとっては安心だけではなくストレスも軽減してくれる、そんな存在となってくれます。
また疑問もすぐに解消できるというのもメリットです。
こうした税金に関する書類や申告はミスが許されないものなので、そのミスを起こさないように税理士を通すのも非常に効率的となっています。
ややこしいお金に関すること、しかしいずれもミスは許されないものです。
数字に強い、弱いだけではなく専門的な知識も必要になるのが税務や経理、これらの強力なサポートをしてくれるのが顧問税理士となっています。
いまはまだ事業は小さいけれど段々軌道にのりつつある、そんなときは早めに顧問税理士との契約を検討しておくと、後々安心して経営に当たれるようになります。

顧問税理士がしてくれることとは?

税理士 顧問

顧問税理士は経営者のパートナー、そんな顧問税理士がしてくれる業務とはいったいどんなものなのか?それが気になるところです。
メイン業務がまずあり、それが税務代行、税務書類の作成、税務相談です。
確定申告やそれに関する書類の作成をしてくれる、それがメインの業務となっています。
契約内容によっては帳簿も丸投げできるので青色申告にも万全で挑めるようになっています。
また代行してくれるので、本人が申告しにいく手間もないため安心です。
決算申告もしてもらえるのでそうした税務に関すること全般を任せられるようになっています。
不明な点がある時は相談も受け付けてくれますので安心です。この他にもお願いできる業務があり、まずは会計指導です。
年末に必要な年末調整もお願いできますので従業員から必要な書類を回収するだけ、税金の計算は税理士に代行してもらえます。
そして給与計算、年末調整も一緒にしてもらえますのでこちらもやってもらうとより効率的なのでおすすめです。
次に資金調達、融資の支援、銀行からの補助金や助成金に関しての支援や窓口の紹介をしてくれる税理士事務所もあります。
会社の存続において重要な資金繰りに関する相談を受け付けてくれ、サポートしてもらえる、そんなメリットがあるので見逃せないです。
他にも相続、事業継承など計画性をもって複雑な知識、経験も総動員しなければならない、そんな問題についてもサポートをしてもらえます。
普通の生活でも生前贈与などの時に、相続税の負担が大きくなり過ぎないように、そんな相談ができるのと同様に事業についても相談受け付け、サポートを行ってくれます。
これらを見て見るとかなり重要なところを担ってくれますが、肝心なのはそれらはきちんと秘密にしてくれるのか?という点です。
税理士はデリケートな問題も担うので守秘義務は絶対、そのため信頼関係を揺るがすような真似は決してしないものです。
そのためこうした情報はきちんと守られた上で業務は行われますので、安心して任せていただけるようになっています。

顧問税理士と契約するメリットは?

税理士 顧問

顧問税理士と契約するにあたってそれだけ金銭は発生するものとなっています。
しかしこの報酬を支払って尚顧問税理士との契約は必至とも言われています。
その分メリットが多い、そのメリットについてご紹介いたします。
顧問税理士を見つけるメリットはまずは「本業に専念できる」という点です。
この経理に関する作業はあくまで作業なので直接経営して利益を発生させるものではないです。
税務も自社でする、その分税理士に関する費用は削減できるかもしれませんが、その分利益を逃す部分も多いです。
しかし顧問税理士との契約をしておくと本業に専念できるので、利益を出す時間がとれる、そんなメリットが生まれます。
小さい事業をしているだけならば自分でしたほうがいいかもしれませんが、成長を目指している場合は顧問税理士との契約は必至となるのはこの点が大きいです。
次々利益を考え、うまく資金繰りもしたいのが経営、そのための時間をしっかりとるためにも必要なことといえます。
次に節税対策、手元に資金を残して増やしていくのは経営の基本、そのため税の払い過ぎなどはしたくないものです。
顧問税理士はそのための知恵を貸してくれますので、節税のための対策もとれる、そんなメリットがあります。
次に税務調査、これは経営者の方にとって胃が痛くなる問題です。
自分だけで税務もしているとミスが出ないか不安ですが、顧問税理士に一任していると立ち合いもすべてお任せ、ミスもなく安心できるものとなっています。