たるみ解消ガイド TOP → 二重あご対策 二重あごとたるみ

二重あごとたるみ

二重あごは、体重の増加と共に、肌のたるみが原因になることもあります。体重が増えていないのに二重あごになった場合は、肌がたるんでいる証拠になります。顎がたるみ始めると、顔全体がたるんでいる証拠です。放っておくと顔だけでなく、身体全体のたるみにも繋がる可能性があります。二重あごは顔・身体のたるみを知らせる警戒信号のようなものですので、出来ることなら予防し、すでに二重あごになってしまった場合は改善するようにしましょう。

体重が増えたから二重あごになったというのに比べて、太っていないのに二重あごになってしまったという状態は、痩せれば良いという単純な問題ではないので解決しにくいものです。大きな原因としては、表情筋の衰えが一番に挙げられます。表情筋、つまり顔の筋肉は普段30%ほどしか使わないため衰えやすく、脂肪を燃焼することが難しくなるため脂肪がつきやすくなってしまうのです。表情筋が衰えるとたるみに繋がってしまうため、やはりたるみが天敵といえるのです。他にもリンパ液が円滑に循環していない場合にもたるみに繋がります。

太っていないのに二重あごになってしまうと、全体的にアンバランスなため不自然な雰囲気になってしまうことがあります。二重あごは表情筋が衰えていたり、リンパ液が循環しにくくなっている時に起こりやすいので、それぞれを鍛えて対策するようにしましょう。「二重あごの対策法」の項目で二重あご対策について説明していますので、よろしければご覧になってみてください。

二重あご対策


ルリッド
ルリッドなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ナースシューズ メンズ
ナースシューズのメンズなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!