たるみ解消ガイド TOP → 部分別基礎知識 目蓋のたるみ

目蓋のたるみ

目蓋(まぶた)は皮脂腺が少ないため、他の部分に比べて乾燥しやすいものです。更に、年齢を重ねるとハリを保つ力が弱くなり、たるみが出てきてしまうのです。目蓋は脂肪が多くついている部位なので、皮膚のハリがなくなると脂肪を支えることが出来なくなり、たるみが出ます。特に下目蓋は年を経るごとにたるみが目立ってきます。また、目蓋だけでなく顔全体に言えることですが、顔は露出が多いため紫外線の影響を受けることが多く、紫外線によってコラーゲンが破壊されて目蓋がたるんでくることもあります。

コラーゲンの減少はたるみ全般に関わってくる大きな要因ですが、目蓋のたるみに関してはこれだけではありません。上述したように皮脂腺がそもそも少ないことは仕方ないとして、表情筋の衰えや睡眠不足なども目蓋のたるみの原因として挙げられるのです。特に下目蓋は脂肪がつきやすいため、表情筋が衰えていると脂肪を燃焼させることが出来なくなってしまいます。表情筋エクササイズなどを行うことで、表情筋の衰えを防ぎましょう。睡眠不足に関しては、それによって併発するストレスと疲労なども手伝い、目蓋のたるみを大きく進行させてしまうことになるので、出来る限り避けましょう。睡眠時間は最低でも6時間、出来れば7時間取れればベストです。

目蓋のたるみは表情筋の強化とコラーゲンの摂取で予防・改善しましょう。睡眠時間も適切に取れれば、同時に健康な生活にも繋がるはずです。

部分別基礎知識


アミティーザ
アミティーザならおなかのはなし.com

ランタス
ランタスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!