たるみ解消ガイド TOP → 部分別基礎知識 頬のたるみ

頬のたるみ

頬のたるみは、つい最近まで老化が原因と考えられてきました。しかし最近では、20代の若い人達でも頬のたるみが見られることが多くなりました。表情筋を使わないからだという説も勿論ありますが、一番はスキンケアの問題でしょう。肌を健康に保つのには、スキンケアが欠かせません。しかしスキンケアを怠ると、肌に元気が無くなって小じわや乾燥の原因となり、頬のたるみに繋がってしまいます。

健康的な肌を指先で押すとぷにぷにと柔らかく、指先に弾力性を感じます。しかしスキンケアを怠っている不健康な肌だと、カサカサと乾燥していたり、指先で押しても弾力性を感じなかったり、その触感から肌に元気が無いことがわかります。ただ、突然に不健康な肌になるわけではなく、日々の積み重ねで少しずつ衰えていくものですから、その微小な変化には気付きにくいというのも事実です。ようやく気付いた頃には、たるみが随分と進行してしまっている状態になっていた、ということも少なくありません。

頬のたるみは、肌から弾力性が失われていることが原因として挙げられます。肌の弾力性を保つのに必要なのは、コラーゲンです。しかしこのコラーゲンは紫外線などによっても壊れやすいため、特に顔は露出が多い部分ですので、補給しないと無くなっていく一方です。体内のコラーゲンは遅くとも25歳から減少し始めるため、その頃から頬のたるみが気になり始めるケースも多いです。逆に言えば、コラーゲンを摂取しながらスキンケアを進めることで、頬のたるみは改善・予防できるということです。

部分別基礎知識


ナースサンダル 通販
ナースサンダルの通販なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!